自動売買

投資 サラリーマン 自動売買

近年、FX投資を行う人が増加傾向にあります。

FX投資を行う場合、基本的にはパソコンやスマホで為替価格の表示されているチャートを見ながら、取引したい価格になったら注文を出します。

 

ただ、1日中仕事をしているサラリーマンにとって、為替価格の動向を確認する暇などありません。

自宅に帰ってから行うにしても時間が限られますし、だいいち購入や売却の機会を失っている可能性があります。

そんなサラリーマンにとって強い味方が、「リピート系FX自動売買ツール」です。

 

リピート系FX自動売買ツールとは

リピート系FX自動売買ツールは、始めに売買の方法を設定すると、その後はツールが自動的に設定された通りの売買を繰返します。

従って、利用者は何もする必要が無く、仕事に専念することができます。

 

自動売買ツールは以下の売買を繰返します。

1)イフダン(IFD)注文

イフダン注文とは、買いと売りの注文を同時に出す注文方法のことです。

例えば、米ドル/円の通貨ペアにおいて、『105円で買って、106円で売る』という注文がイフダン注文です。

当然、価格が105円にならなければ買い注文は成立しませんし、購入したポジション(建玉)も106円にならないと、売却されません。

2)リピート注文

イフダン注文を繰返すのがリピート注文です。

イフダン注文は『105円で買って、106円で売る』が成立すると、それで終了です。

従って、同じ価格になった時に、改めてイフダン注文を出すのがリピート注文です。

3)トラップ注文

トラップ注文とは、イフダン注文を複数出す注文方法のことです。

1種類のイフダン注文だけでは多くの利益を狙うことができません。

そこで、以下のようにイフダン注文を複数出します。

①104円で買って、105円で売る
②103円で買って、104円で売る
③102円で買って、103円で売る

トラップ注文を出すことによって、為替価格が102円から106円の間にある時は利益を得られることになります。

リピート系自動売買が成立する要因

上記のリピート系自動売買が成立する要因には、FXの相場の約70%が「レンジ相場」だからです。

レンジ相場というのは、為替価格の高値と安値がほぼ固定されており、その高値と安値の間隔(レンジ)の中で、為替価格が波のように上下動を繰返す相場のことです。

 

レンジ相場だからこそ、イフダン注文・リピート注文・トラップ注文のセットが有効になります。

ただし、為替価格が一方向に伸びる「トレンド相場」になった場合は、自動売買ツールは効果が発揮できません。その場合は、設定を解除する必要があります。