不動産投資

不動産に簡単に投資できる不動産投資信託

投資というと、株式やFXを思い浮かべますが、不動産への投資もあります。

不動産投資というと、何かマンションやアパートなどの建物を所有するというイメージがありますが、建物を持たなくても不動産投資ができます。

それが、「不動産投資信託(REIT)」です。

●不動産投資信託とは

不動産投資信託とは、投資家から資金を集め、その資金を投資の専門家が不動産で運用し、得られた利益を投資家に分配するものです。

簡単に言えば、不動産専用の投資信託です。

 

資金はテナントビルやマンション、ホテルなどの賃料収入の見込める建物の購入に使用されます。

賃貸が主な運用方法であるため、定期的な収入があります。

また、建物の賃貸は景気にそれほどの影響を受けないことから、収益が安定しています。

 

不動産投資信託も通常の投資信託同様、資産運用会社や資産保管会社、事務受託会社に業務が分かれています。

1)資産運用会社

資金の調達から不動産の選択、資金の運用などを行います。

2)資産保管会社

資産を管理する会社のことで、通常は信託銀行が担っています。

3)事務受託会社

会計や納税などの事務作業を担当しています。

●不動産投資信託における2つのタイプ

不動産投資信託は大きく、「特化タイプ」と「複合タイプ」の2つに分かれます。

1)特化タイプ

資金の運用が特定の不動産に限定されています。

オフィスビルにおける運用では、景気の上昇に比例して収益が向上するという特徴があり、高リターンを望む場合に適しています。

一方、住宅関係は景気の動向とはほぼ関係ないため、安定的な配当を得られます。

ただ、運用対象が1つしかないため、リスクの大きいことは否めません。

2)複合タイプ

その言葉通り、複数の不動産で運用されており、安全性の高さから複合タイプが主流になっています。

リスクの小さい反面、特化タイプほどの大きな利益は望めません。

●不動産投資信託のメリット

不動産投資信託には以下などのメリットがあります。

1)少額の資金で可能

投資信託という形式を採っているため、数万円程度から投資ができます。

2)管理・維持コストが不要

現物の不動産を所有するわけではないため、不動産にかかる税金や管理・維持コストが要りません。また、空き室というリスクもありません。

3)知識が不要

運用は専門家が行うため、不動産投資における難しい知識や情報が不要です。

4)売却が可能

投資信託を換金したくなったら、いつでも売却できます。

なお、いくら専門家が運用するとは言え、元本が保証されているわけではありません。

投資信託のため安全性は高いですが、投資である以上、損失リスクは付いて回ります。